森の駅発趣意書

Ⅰ.「森の駅」推進協議会の活動

森を愛し、森を大切に思い、そして日本の森を元気にするために活動しようと考える。そんなひとびとが集うプラットホームが「森の駅」です。

「森の駅」では日本の森を元気にする具体的な実践活動を求めていて、私たちはその実践活動を「森の駅発」と呼ぶことにしました。

「森の駅発」では、ひとびとの健康と安全を大切にすること、CO2や廃棄物の発生を抑えることを前提として、国産材・間伐材の積極的使用をはかることを共通理念としています。

「森の駅」推進協議会では一定の条件を満たす住宅や製品に対し、「森の駅発」の認証を与えることにより、その普及促進をはかることにしました。

また、全国の森林を保有・管理する林業経営者・団体や地方自治体と連携をはかるため、「森の駅発」の理念を持ち、森を拠点として様々な活動を行う団体を「森の駅」として独自に判断し、このホームページ内で積極的に紹介していきます。そして木材や間伐材の売却により収支改善をめざし、間伐が推進される元気な森に変えていくため、「森の駅」推進協議会としてサポート活動を行っていきます。

当面、「森の駅」の行事やイベントを積極的に「森の駅発」のホームページに掲載し、活動を応援します。

森の駅憲章を参照ください。

Ⅱ.「森の駅」市民フォーラムの結成

しかしそれだけでは不十分です。
森を愛し、森を大切に思う市民は増えていますが、日本の森を元気にするためには、何をすればよいのか、何を買えば良いのか等の情報が明らかに不足しています。

何が日本の森を元気にすることに役立つのかを、「森の駅発」のホームページ等を通じて理解し、「森の駅発」の諸製品に関心を持った市民を増やすことです。

そして、そういった市民を増やすためには、既存のさまざまなNPOや市民団体に呼びかけ、理解を求め、日本の森を元気にするために積極的に行動する市民のネットワークを拡大していくことが重要であると考えました。
こうした市民のネットワークを「森の駅」市民フォーラムと名付けました。

市民の意識改革こそが、回り回って、我が国の森の荒廃を救います。「森の駅」市民フォーラムの活動は、高い使命を持っています。


Ⅲ. 森の諸製品の消費者として、市民の視点からの提言をします

我々は、地球市民であることと同時に、日本の地域市民であることを自覚することが大切です。そして、その目線を大切にしたい、と思っています。

日本の森を元気にするための様々な主張を「森の駅発」ホームページで紹介するとともに、行政に対し積極的に提言を行っていきたいと考えています。


Ⅳ.「健康住宅/森の駅発」の立ち上げ

日本の森を元気にするためには、住まいを国産材中心に建てるのはもちろんのこと、住む人を元気にする木造住宅を増やしていかなければならない。「健康住宅/森の駅発」は、そう考えています。川上(林業)、川中(製材業等)、川下(建築家、工務店)が連携することによって、国産材・無垢材・天然乾燥を原則とする、高品位な住宅生産システムを私たちは築きあげていきます。

「健康住宅/森の駅発」では、住む人を元気にする木造住宅の普及をはかるため、全国の建築家・工務店を随時募集しています。
私たちと一緒に、志と知恵と情熱によって、「木の香りのする家」を作っていきましょう。


健康住宅/森の駅発のホームページを参照ください。